女医

キツイ腰痛を和らげたい方必見|正しい方法

ウイルス感染を検査する

ドクター

遺伝子の検出に利用

遺伝子を構成する核酸は必ずアデニンとチミン(またはウラシル)、グアニンとシトシンが対になっていて、これをhybridizationと呼んでいます。この性質を利用して、特定の遺伝子を検出したり同定したりすることができます。具体的にはプローブと呼ばれる標識を加え、結合の具合によって塩基配列を特定します。DNAやRNAは細胞から取り出して増幅してから検査する方法もありますが、Insituとは「組織の中で」という意味で、Insituhybridizationとは遺伝子が細胞の中に含まれている状態のままで検査することを言います。医療の分野では、主にがん細胞やウィルス感染などを調べる目的で利用されます。

プローブ作成の代行

がん細胞やウイルス感染は、これらが産生するタンパク質から検出することもできますが、Insituhybridizationは遺伝子そのものの存在を証明するのが特徴です。異常なタンパク質が病原体となる遺伝子から離れた場所に現れる場合もありますし、サンプルを採取するとき外部から夾雑物が紛れ込んでくる可能性もあります。Insituhybridizationを用いれば、細胞の中に病原体の遺伝子があることを直接確認できます。プローブとして一般にはDNAやRNAの切れ端が使用されますが、近年では合成された高感度のプローブが市販されており、また目的に応じたプローブ作成を低料金で代行する業者もあって人気になっています。