女医

キツイ腰痛を和らげたい方必見|正しい方法

通院できなくても治療可能

診察

通院が困難な患者に対応

病気で治療が必要な場合、入院をするか、通院をするかがあります。手術をする場合には、病院で一定の管理が必要なので入院をします。一方、投薬が中心の治療の場合には通院になります。むやみに入院患者を増やすと、入院スペースが減ります。治療としては投薬などが中心だが、通院が難しい場合があります。世田谷区の医療機関では、在宅医療が行われています。世田谷区内に住んでいる人で通院をすることが出来ない場合、医療機関の医師や看護師がそれぞれの患者の家まで行って一定の措置を行います。在宅医療があることで、通院ができない人でも一定の治療を受けることが出来ます。また、家族の負担も減ります。家族が遠方にいると付き添いも大変ですが、それが不要になります。

IT機器を使った仕組み

パソコンやスマホ、インターネットは、積極的に活動をしている人が情報を得るためなどに使っています。でも、最近はどんどん機能が高度化しています。カメラが付いていればその画像を他から見られるようにすることも可能です。世田谷区では在宅医療を受けることが出来、病院などから医師が来てくれます。これによって、患者の健康状態などを診てもらえます。ただ、毎日行くことはできません。すると、来てくれないときに何か問題が起きていないかが心配になります。ある世田谷区の在宅医療サービスでは、IT機器を使った補助的なサービスがあります。患者宅に通信ができるIT機器を設置し、患者と遠隔で対話ができるようになっています。医師が行かないときも、安否確認などができます。